家族葬にかかる費用の内訳

葬儀の形態も様々ですが、その中でも人気があるのが家族葬です。
一般的なお葬式と比べて家族葬の費用は安いと言われていますが、その費用の内訳はどうなっているのでしょうか。
ここでは、葬儀費用の内訳についてみてみましょう。

お葬式自体の費用

家族葬の葬儀費用の内訳ですが、大きく分けて、「お葬式自体の費用」、「飲食などの接待費」、そして「寺院や僧侶に対する費用」に分類できます。
まずは、お葬式自体にかかる費用です。
家族葬は、遺体のお迎え、遺体安置、通夜式、告別式、初七日、火葬という流れが一般的です。
そのためお葬式自体にかかる費用は、これらすべてにかかる料金になります。
これはお葬式の規模やプランなどによっても異なりますので、事前に葬儀会社に確認しておくといいでしょう。

飲食などの接待費

次に、飲食などの接待費です。
接待費ですが、これは通夜式前後の食事や、火葬式が終わった後の精進落としなどに発生する食事料金が該当します。
飲食などの接待費も、お葬式の規模や参加人数、葬儀プランなどによって変わってきます。
また、もともと開催しないところもあり、その場合は発生しないことになります。
なお、これら費用については、葬儀会社で提供するプラン費用に含まれていないのが一般的です。

僧侶や寺院に対する費用

僧侶や寺院に対する費用は、主として仏式で行う場合に発生します。
読経をしてくれる僧侶、あるいは、寺院へのお布施費用になります。
これらの費用は、利用する寺院によって大きく変わることがあります。

葬儀費用の内訳を確認しておきましょう

お葬式で家族葬を選ぶ家庭も増えていますが、利用する前にその費用の内訳を把握しておくことが大切です。
葬儀費用は、サービスを提供する葬儀会社や、お葬式の規模などによって異なります。
ですので、事前に確認しておきましょう。

関連する記事