家族葬の流れ

葬儀の中でも人気のある家族葬、実際に興味がある人もいるでしょう。
しかし、初めての方の中には、その手順が分からない方もいるかもしれません。
そんな方たちのために、ここでは家族葬の流れを紹介します。

家族葬の流れについて

お葬式の準備

最初はお葬式の準備です。
ご存知のように、家族葬というのは親族や親しい友人など、参列者を限定したお葬式です。
それぞれ希望があると思いますので、リスト作成の前に身内でしっかり協議しておきましょう。

逝去、搬送

家族葬を行う際は、事前に選択した葬儀社に、お迎えの場所や時間などを連絡してください。
葬儀の場所ですが、ご近所の方に知られたくない方は、自宅以外の場士を選ぶこともできます。

打ち合わせ

ここでは葬儀会社と、式の流れなどについて打ち合わせを行います。
それぞれの葬儀会社によって式の流れが異なりますので、間違いのないよう確認しておきましょう。

お通夜

一般的な葬儀と異なり、参列者は親しい方ばかりですので、故人との最期の時間をゆっくり過ごせます。
それぞれプランは異なりますが、例えば、故人が好きだった食べ物を用意したり、歌やメッセージカーを作ったりなど、それぞれ演出してみるのもいいでしょう。

告別式

告別式では、故人の思い出の品などをお柩に入れます。
生前、故人が愛用していた、洋服、帽子、靴など、思い出の品をお柩に入れてあげてください。

以上が家族葬の大まかな流れになりますが、細かい点はそれぞれの葬儀会社によって異なる場合があります。
ですので、間違いのないようにしておきましょう。

家族葬の流れを把握しておきましょう

最近は、お葬式で家族葬を行うところが増えています。
ここでは家族葬の大まかな流れを紹介しましたが、葬儀会社や選択するプランによってはその内容が異なる場合があります。
ですので、事前に確認しておいてください。

関連する記事