家族葬と一般葬について

お葬式には様々な種類がありますが、最近は、近親者のみで行う家族葬の人気が高まっています。
家族葬はその手軽さが特徴の1つでもありますが、一般葬と比べてどのような違いがあるのでしょうか。
ここでは、家族葬と一般葬の違いを、メリット・デメリットの内容で紹介します。

家族葬について

家族葬というのは一般的な葬儀とは異なり、家族、親戚、生前に故人と仲が良かった友達など、ごく一部の人たちが参列して行うものです。
家族葬には次のようなメリットがあります。

  • ◆参列者に対する接待費用などを軽減できる
  • ◆故人とのお別れの時間をゆっくり過ごすことができる
  • ◆身内だけが参列するので、出席人数を予測しやすい

しかし、以下のようなデメリットもあります。

  • ◆一般葬より香典収入が少ない分、葬儀費用の多くを遺族が出費する必要がある
  • ◆周囲からの理解が得るのが難しい場合がある

一般葬について

一般葬は、自宅や葬儀会館などを利用して、多くの参列者が出席して行います。
一般葬のメリットは以下の点です。

  • ◆家族葬と比べて参列者が多いので、多くの香典収入を期待できる
  • ◆一度にたくさんの人たちにお別れしてもらえますので、葬儀後に行う弔問対応などの面倒さを軽減できる
  • ◆参列者か多いので、遺族の励みにもなる

その一方で、次のようなデメリットがあります。

  • ◆参列者が多いので、ひとりひとりに対する気遣いが大変
  • ◆参列人数の予測が困難であり、無駄な出費に繋がりやすい

以上のように、家族葬、一般葬、それぞれにメリット・デメリットがありますので、事前にしっかり確認しておきましょう。

適した方法を選びましょう

葬儀には様々な方法がありますが、ここでは、最近人気の家族葬と一般葬の違いを比較してみました。
それぞれに特徴がありますので、お葬式を行う場合は適した方法を選択してください。

関連する記事